狭間の模型日記

一年ぶりに復活です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作ヘッドバッジ(廃液処理)

さて、
いよいよ廃液処理をやってみます。

エッチング液をサンハヤトってトコのを買うと処理剤が付いてるらしい。
でもハンズで買ったヤツには白い粉のしか付いてない。
だし、説明書も雑。
つーか、慣れてる人向け。

念には念を入れたいのでサンハヤト方式に準じました。

廃液と鉄を反応させてヤバイ成分を無力化するらしい。
鉄粉が良らしく、使い捨てカイロの中身を使うらしいのですが、
カイロは使用済みなのか、サラなのかが解らん。

サラのと使用済みでは鉄粉の成分も違うだろうし、不安なのでこれにしました。
20150216-1.jpg
スチールウールです。
成分は鉄。

量が解らないのでちぎって入れる。
20150216-3.jpg

一瞬で錆びた感じに
20150216-2.jpg

で、溶けてなくなります。
20150216-4.jpg
なんか解らないけど溶けなくなるまで入れた方が良いかと思い、2個分入れたら溶け残りがでました。
これで無力化出来たのだろうか?
確かに廃液の様相はトロトロからサラサラに変わりました。

で、洗浄に使った薄まった廃液にはこれ
20150216-6.jpg

これも適量が解らないので結構入れる。
んでかき混ぜる。
しばらく経つと透明な水と白いのに解れます。

この、エッチング液の廃液処理に関して、鉄との反応だけでOKって話と、
消石灰だけでOKって話しがある。

サンハヤト方式は念入りの念入りって。

なので念入りにやります。
消石灰を混ぜた薄い廃液にスチールウールを入れてみると
20150216-5.jpg
全く反応しませんでした。

って事は消石灰を入れた方は無力化が出来てるって事だろうか??

両方ともよく解らないのでしばらく寝かせてみます。
最終的にはセメントで固めるつもり。

でも結局それを不燃ごみに出すのもなんか気が引ける。
例え無力化されてたとしても気分悪いし。

やっぱ産廃として工場に引き取ってもらおうかな。
仕事の繋がりでメッキ屋さんとかあるので聞いてみよ。

ほんと大変だコレ。

コメント

No title

o( ̄ー ̄;)ゞううむ

廃液処理が大変そうですね。

メールは拝見しましたが・・・造ってもらう=また廃液処理をしなくてはならない

なので躊躇してしまいます。

廃液ごと送ってもらえたら酸化鉄やら消石灰やらセメントは園芸用品でわんさか持っているのでこちらで処理が出来るのですが・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。