FC2ブログ

狭間の模型日記

一年ぶりに復活です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

状態確認。

さてさて、オークションで手に入れた自転車。
早速各部をチェックです。

まずは全体。
20150220-2.jpg

全体的に言えますがスポークの錆が凄い。
20150220-3.jpg

リアも
20150220-9.jpg

フロントのギアレバーはSUNTOUR.
20150220-4.jpg
ブレーキレバーはSHIMANOのEXAGE。
20150220-5.jpg
ステムもSUNTOUR。
20150220-6.jpg
シートポストも。
20150220-16.jpg
ちなみに固着はなく、あっさり抜けました。

フロントのディレイラーも。
20150220-14.jpg
リアのディレイラーはSHIMANO。
20150220-10.jpg

そしてクランクはNational。
20150220-7.jpg

まあ、パーツはいくらでも変えられるからメーカー不明には違いないね。

と、思ったらこんな刻印が。
20150220-15.jpg

早速ネットでナショナルの自転車を調べたらビンゴ!

この自転車、ナショナル製です。

でも調査はここまで。

どうも前オーナーが塗装を施してるらしく、元がなんの自転車までは解らずじまいです。

でもまあ、製造メーカーが解っただけでも良かった。

バラす前に乗ってみたくなったので空気を入れてみました。
20150220-13.jpg

タイヤサイズは26×1 3/8(37-590)。
なんかタイヤは新しいのでオリジナルかは不明。

試しにギアを変えてみたらレバーが取れちゃったので試走オワリ。

ではこれからレストアです。
どんな発見、苦難、喜びが待っているんでしょうか?

大きなヤマ場はフレーム塗装とスポークの張り替え、それと最後の組み上げだな。

目標は夏に一泊でキャンプツーリング!


追記
CHS様よりこの自転車「松下自転車製LA SCORSA」と教えて頂きました。
本当にありがとうございます!

って、事はかなりお得なお買い物だったんじゃないかと思います。

ブログってすげー!

コメント

LA SCORSA

はじめまして
履歴から辿ってきたら見覚えのある自転車がありました。

これは間違いなく松下自転車製LA SCORSAです。
Wレバーが直付になったりチェンリングがTAタイプになったりするとLA SCORSA NUOVOになりますが、これはスタンダードのLA SCORSAで間違いないと思います。
フリーホイールが5段ならリヤエンド幅は120mm、6段なら126mm(無改造が前提)ですが、確かLA SCORSAはリヤエンド120mmしかなかったような憶えがあります。

ちなみにFDはSUNTOUR SEVENですね。80年頃の物だとSuntourVx(ヴィックス)の3点セットが付いていました。ちなみにSUNTOUR SEVENのRDは当時のデッドストック品を私のブログで紹介しています。
タイヤはこういうのがオリジナルです。
http://magurojanaiyo.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d8/magurojanaiyo/650a201.JPG?c=a1

Wレバーの直付台座は当時メーカー間で互換性が乏しく、却ってバンド式の方がカンパだろうがサンプレだろうが構わず取り付けられるので良いと思います。

私自身、LA SCORSA NUOVOランドナーのオーナーなので、ご質問等あれば分かる範囲でアドバイス差し上げたいと思います。
よろしくお願いします。

  • 2015/02/21(土) 17:31:08 |
  • URL |
  • CHS #-
  • [ 編集 ]

Re: LA SCORSA

>CHS様
コメントありがとうございます。
そして自転車の素性を教えて頂きまして誠に感謝いたします。

今年に入ってママチャリを直し始めたところでして自転車そのものの知識がほぼありません。
なので空き時間にはCHSさんをはじめ、様々な方のブログを拝見させて頂いております。

改めてブログを拝見させて頂きましたが、作りの綺麗なブログですね!
おしゃれな雑誌を読んでる気分になります。

解らない事しかないので失礼な質問をしてしまうと思いますがこれから宜しくお願い致します。

本当に心強です!

  • 2015/02/21(土) 18:09:40 |
  • URL |
  • rodeon #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。