FC2ブログ

狭間の模型日記

一年ぶりに復活です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレーム再生①

さて、手順を変えました。

やっぱフレームの再塗装から考えるべきかなと。
フレームさえ仕上がってればパーツを磨いたら直ぐに取り付ける事が出来るので。
なので、一気にバラシてこんな状態です。

スライド1
前にも書きましたがこの自転車は以前のオーナーが塗り直しをしてます。
なので「塗料剥がし剤」を塗ると多分ネチョネチョになるだけで剥がれないはず。
(前にミニカーの塗装を剥がす時の経験より)

って、事で新兵器のグラインダーに240番の布ディスクをつけてフレームなぞりました。
スゲー勢いで塗料が剥げる。
けど、そんくらいでは錆が落ちません。
スライド2

スライド3
なんか風呂場のゴム部のカビみたいに取れません。
これを削りで落とすのは無理があるなと。

塗装が落ちたら花咲かGのプールに浸けるとか、何かかな。
そのプールを用意するのが大変だな。とか、別問題もあります。

また、赤さびを黒さびに変換する薬剤があるらしく、そうすると錆の進行が止まるらしい。
全部「らしい」のでもうちょっと考えます。

前オーナーの作業は「剥離→プラサフ→黒」とセオリー通りですが定着が悪いので、
正解は「シンナーで洗う」かも知れません。

黒とサフをシンナーで落としてからヤスるかな。
もう少し考えます。


で、問題はこれ。
スライド7

なんか
スライド8

もしかして
スライド9
だよね。あるよね、歪み

中古自転車だし、むしろボロボロだもの。

なのに思ってもなかったね、歪みなんて。

フレームの芯出しって作業がプロのショップならやってくれるらしい。
だったらフレームの塗装まで全部頼むかな?
全部で3万とかかかるらしい。
この自転車3800円。

う~ん・・・。

調べる。

調べた。

結構な値段ですが、工具売ってますね。

いや、使いこなせないか・・・。

うーん、迷います。


今回のバラしでは問題点の発見だけでなく、嬉しい発見もありました。
それはこの自転車の元の色です。
恐らく前オーナーがBBを外さずに塗装したらいいのでロックリングの下に残ってました。
スライド6
オレンジ色(ソリッドの)


と言うことで頭の中がパンパンです。。

コメント

オレンジとグリーン

これは81年ころの自転車じゃないかと思います。
もしそうならオレンジとグリーンの2色のバリエーションが有りました。

ちなみのオレンジなら、オリジナルはこの方の自転車とほとんど同じ姿だったと思います。
http://blog.goo.ne.jp/ken-boon/e/47efeaba0ede8a39359a449d5b24a074

ちなみにフレームのチューブは厚いものでも0.9mm程しかないので力任せに削るのは危ないですよ。
フレーム修正を含めて再塗装が3万円なら安いと思います。

その際にはフロントフォークのカンティ台座の下にあるダボは切り取ってもらいましょう。
これはフロントキャリヤを固定するためのものですが、アフターマーケットパーツのキャリヤはカンティ台座で止める物ばかりなので、その際にダボが余ってしまいますから。

  • 2015/03/02(月) 22:11:26 |
  • URL |
  • CHS #-
  • [ 編集 ]

Re: オレンジとグリーン

>CHS様
情報ありがとうございます!

ブログを書いた後に調べましたがフレームの矯正器具や変速機の台座の歪みを矯正する器具などなど全部買うと4~5万くらいすぐ行きそうでした。。
なのでフレームに関してはプロにお願いする方向で行きたいと思います。
早速その手のショップを検索してみます。
色は教えて頂いたブログの方の自転車が綺麗だったのでオレンジで行きたいと思います。

  • 2015/03/02(月) 23:31:06 |
  • URL |
  • rodeon #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。