FC2ブログ

狭間の模型日記

一年ぶりに復活です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレーム再生②

ども。

フレームの矯正に関しては相談先が見つかったので一安心。
全力でフレームの再生作業をしたいと思います。

さて。

今週も土曜は留守番。
昼過ぎには帰ってくるとの事なので溶剤作業を急ぎます。

まずはヘッドパーツを外します。
が、しかし、ネットで調べた「32mmワッシャーを切って作る自作工具」を試したけど、
32mmは入りませんでした。。

なので556を吹きかけた後、鉄パイプを内側からパーツに当ててプラハンマーで叩いてみた。
20150316-1.jpg
556の力なのかあっさり外れました。

フォークの玉押しはL字のアングルを二個で挟んで、木を当ててハンマーで。
20150316-2.jpg
こちらも割とあっさり外れました。

外したヘッドパーツの部品たち。
20150316-3.jpg
メッキが深く錆びててサンポールをしても綺麗にはなりません。

グラインダーに240番の布ディスクを付けて削ってみたけど飛び散る火花にたじろいて終了。
メッキ屋さんで再メッキか、それとも買った方が早いか迷うトコです。

ここまで室内。

んで。

ガレージ作業へ。

古い塗装を落とす時は模型のようにシンナー風呂へ浸けるのが一番。
でも大きさから行ってイロイロ無理。

そこでティッシュをフレームに巻き、それをガイアのツールクリーナーで濡らします。
これで塗料にシンナーが滞留する時間が稼げるので溶剤も少量で済む。
20150316-4.jpg

全体
20150316-5.jpg

と、思ったけど失敗です。

溶剤で浸したティッシュも乾くの音速。
しかも乾いたティッシュはカチカチになり塗装と一体化します。
このティッシュのせいで溶剤が吸われ、フレームの塗料が落ちにくくなりました。。

つまり、ただただ面倒を増やしただけです!
恐らくティッシュの上からラップを巻くとか、ティッシュを巻かずにラップで巻く方がいいかも知れません。

自分を呪いながらもなんとか塗装落とし完了。
20150316-6.jpg
途中、ツールクリーナーが無くなったのでシンナーに変えましたが、やっぱ弱い。
なかなか塗料が溶けません。
さらにアサヒペンの塗料シンナーも使いましたがくさいばかりで全く落ちない。
ラッカー系の塗料を落とすのはガイアノーツのツールクリーナーが最強です(俺調べ)

で、そんなツールクリーナーでも溶けない元塗装が結構残ってます。
BBのトコのラグ↓
20150316-7.jpg

シートポストのトコのラグ。
20150316-8.jpg

う~ん、雑だなー。

作業が雑だよ先輩!

せっかく塗装剥がし剤でやったなら細かいとこまで落とさないと!
DIYで再塗装を目論んだ割には雑だね。

などと心の中で突っ込みながら土曜は終了。

すぐ続きます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。