狭間の模型日記

一年ぶりに復活です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレーム再生③

さて、日曜日。

シートのラグ周りに残った塗料↓
20150316-8.jpg
ここを紙やすりやスポンジやすりで落とします。

その時に聞こえる天使と悪魔の囁き。
何度も見ちゃうCHSさんのとある記事。
15316-1.jpg
15316-2.jpg
15316-3.jpg
15316-4.jpg
15316-6.jpg


って事でやってみる事に。
20150316-9.jpg

事に。
20150316-10.jpg

思ってたのの1000倍大変!


「フレームを削っちゃダメ!」の緊張感が凄いです。
なので「ラグを薄く削る」はあきらめ、「何となく綺麗にする」にとどめます。
つか、それしかできません。

まだまだ終わってませんが余裕で週末吹っ飛びます。
CHSさんはやっぱスゲーっす。



フレームを振り回すのはでかくて大変。
作業机の上では何かしらぶつかって倒れます。


なので気分を変えてフォークに移行。
こちらはまだ机の上で収まるので作業は楽です。

クソ錆てる本体はスポンジヤスリで。
20150316-11.jpg

ラグも何となく。
20150316-12.jpg

エンドは頑張って削りました。
20150316-13.jpg
これまた大変。
そんな簡単に削れる硬さじゃないし、入り組んでるトコは丸い棒ヤスリでコツコツと。
バローベのヤスリを使い、556を吹きかけながらの作業。

んで、キャリア取り付けのダボ。

CHSさんのアドバイスの通り、NITTOとかのは取り付け方法が違うので不必要。
「グラインダーで切っちゃうかな」と思ったけど、この先、万が一、オリジナルのキャリアが手に入るかも知れない。
そう思って成形しました。
20150316-14.jpg

前後のフェンダー、キャリア関係のオリジナルは無理そう。
けど、700ccラスコスサのフェンダーがこの前出品されてたので気長に待てばいつかは!

そう思ってます。

だし、NITTOとかのキャリアの脚を切ってこのダボを使う方式のを溶接して良いかなと。
キャリアの事を考えるのはまだまだ先の話なのでフレーム修正を頑張ります。

で、最近は模型デスクがすっかり変わってます。
20150316-15_20150316185122057.jpg
模型では油分厳禁だったけど556とかグリスとか油ばっか。

おかげで部屋からバイク屋みたいなニオイがします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。