FC2ブログ

狭間の模型日記

一年ぶりに復活です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアハブ①

さて、
付いてたサンシンのリアハブ。

20150309-15.jpg
(これはフロント)

を、バリ磨きました。
150511-1.jpg

シャフト側。
150511-スライド2

が、しかし、玉押しが虫食いです。
150511-スライド3

この玉押しはパーツ単体で簡単に手に入ると思ってたけど、そうでもない。
つーか、僕の知識範囲では手に入らない。

そうこうしている内にGW突入。

オークションでよく見るショップが実は実家の近くと解り行ってみました。

そこで店主さんといろいろお話をさせて頂き、
シマノの120mmのラージハブを買ってきました。
150511-スライド5

サンシンと。
150511-スライド4
抵抗感ゼロの滑らか回転。

このまま使っても良いし、中身だけ移植してもアリだな。
と思って。

で、実際にやってみる。

バラす。
150511-スライド6

組んで測る。
150511-スライド7

ですよねー。
150511-スライド8

サンシンとシマノではハブ本体のサイズが違ったのでそんな気はしてましたが。
だし、玉押しの厚みも違う。
150511-スライド9
なので元通りに組み直しました。

これがフリマで買わなかった理由です。

このハブが全くの無駄になっちゃうから。
逆にこのハブを買ってなかったらフリマの前後セットを迷うことなく買ってました。

と、言うことでサンシンの玉押しだけを手に入れたいと思ってます。
どうしてもだめならシマノのフロントハブを手に入れて前後シマノにします。

チャリンコはどんなに古くても錆びてても何とかなる。
けど、虫食いだけはどうにもならんと学びました。

BBのシャフトは今でも新品で手に入るのにね。
ハブの玉押しはなんで無いんだろうか。。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。