狭間の模型日記

一年ぶりに復活です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポークを組む【予告篇】

今回の自転車レストアも3ヶ月が過ぎました。
なにせシロートなので暗中模索でやっております。
夏にキャンプツーリングなんて到底無理なようです。。

で、
フレームの矯正はプロのビルダーさんにお願いするつもりでしたが、自分でやってみようと思ってます。
なぜならドロップハンドルに乗ったことの無い僕はコケまくる可能性が大きい。
せっかくビルダーさんに直してもらってもすぐ歪むと思うからです。
なのでこのチャリに関しては自分で出来る範囲で完成させようと思います。

そこで「サビ取り水槽」に続く第二弾。

「フレームの芯出し治具」を計画中です。

これはアクリルでは無理なのでスチールで。
完全にプラモのノリで考えた治具なので使えるかどうかは仕上がって来てからのお楽しみです。

んで、ディレイラーの歪みを矯正する際に必要なのが「振れの無いホイール」だそうです。
って事で先にホイールを組みたいと思います。

スポークは外した時に写真を撮っておきました。
20150529-1.jpg
でも、いざこの写真を元に組もうと思ってもよく解らない。

まずはどうなってのかを線を引いてみる
20150529-2.jpg

こっちも
20150529-3.jpg

合わせると
20150529-4.jpg

この組み方は調べた結果「6本組」らしい。

スポークの1本目と6本目が交差するのでそう呼ぶらしいです。
20150529-5.jpg

色分けしてみた
20150529-6.jpg

ナルホドー。
よし、この調子で前輪もやってみよう!
と思ったら写真がない。

どうやら削除してしまったらしい。。。
仕方ないのでこの写真で調べます。
20150529-8.jpg

邪魔な物がたくさんあって非常に解りずらい。
20150529-9.jpg

写真を外すと
20150529-10.jpg
確かにこれも6本組です。


週末には必要な物が届く予定なので挑戦してみます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。